スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 知ったか爆発!NBAファイナル展望。
2006.06.08(Thu)
ダラス・マーベリックス vs マイアミ・ヒート
いよいよ6月8日よりNBAファイナル2006がスタートする。イースタンカンファレンスからはMIAMI HEAT。ウェスタンカンファレンスからはDallas Mavericksが勝ち上がった。共にファイナルは初出場。今滞在しているホステルには部屋にTVがあるので、1戦と2戦くらいは見ることができそうで有り難い。10年以上もNBAから遠ざかっており現在のNBAがまったく解らない僕であったが、いろいろと調べたり、すっかりお世話になったp4p.さんに話を聞いたりしながら、しだいに状況が掴めてきた。
まずは東のMIAMI HEAT。ここ2年で急激に強くなったのは、ひとえにルーキーのDwyane Wadeと3つのチャンピオンリングを持つ最強センター、Shaquille O'Nealの加入が大きい。とにかくこの2人で得点を取りまくる。特にWadeは若手とは思えない度胸で、巨漢相手でも積極的にペネトレイトからダンクをかます。今プレイオフではO'Nealよりも得点を挙げる事もしばしばで、全く持って末恐ろしい。カンファレンス決勝では、最凶のディフェンシブチームであるDetroit Pistonから平均26.2点をマークし、チームの勝利に貢献したのである。4勝2敗でシリーズをスイープした。
一方のDallas Mavericks。僕の記憶の中のMavericksといえばリーグ一の最弱チームだった。年間勝利数は一桁で、当時でも一勝挙げることがNBAのニュースになるほど。そんな話をp4p.さんに話すと、「想像つかない」と驚かれた。氏が米国に来た時にはすでにMavericksは強豪チームとして認められていたそうだ。まさに10年ひと昔である。Mavericksの大黒柱はなんといっても213cmの燃えるゲルマン、Dirk Nowitzki。一見鈍重な感じ(失礼)だが、驚くなかれ3ポイントからペネトレイトまでこなすオールラウンダー。雑誌NumberのWeb版に丁度NBAプレイヤーNowitzkiを育んだ秘密が紹介されているので参考までに。爆発すると止まらず、カンファレンス決勝vs SUNSの第5ゲームでは驚愕の50得点をたたき出した。またプレイオフで好調なJosh Howardや強気なプレーでチームを引っ張るPG、Jason Terryもいい味を出している。Mavericksも4勝2敗でカンファレンスファイナルを突破した。
ちなみに両チームのHEAD COACHEを紹介すると、HEATが名将Pat Riley。僕が知っているのは彼がNew York Nicksにいる時代で、とにかく練習が厳しいことで有名だった。何度も王者Cicago Bullsを追いつめるものの、結局Jordanがいる間は一度もプレイオフで勝てなかった。一方のMavericksを指揮するのは今年のCOACHE OF THE YEARを獲得した Avery Johnson。昨シーズン途中から就任した新米監督だが、情熱的な精神で選手と接し1年たらずでここまで登り詰めた。この2人は静と動といった感じで、アルマーニのスーツ(昔はいつも着ていたが)でビシッと決め、鋭い眼光を光らせているのがPat Riley。チームの一挙手一投足に激しいアクションを見せるのが Avery Johnson。コートサイドの対決も見物だろう。
話をプレイオフに戻す。この2チームはシーズン中にも2度対決しており、ホーム&アウェーにも関わらず2回ともにMavericksが圧勝している。シーズンの成績がそのままプレイオフに反映されるわけではないが、Mavericksにしてみれば相性が良い相手、HEATにすればやりづらい相手という印象が刻まれているはず。加えて、第1戦はMavericksの本拠地America Airlines Center。勝って悪印象をさっさと取り払いたいHEATにはいきなり正念場を迎えることになる。
シーズンの平均を見てみると、
チーム名平均得点平均失点得失点差
Mavericks102.596.46.1
HEAT97.592.72.8
単純に考えれば、地力はややMavericksが上である。ただ、「バスケットは算数じゃねぇ」と某漫画キャラクターも言っていたので、そう簡単に戦力分析はできないないが。それになんといってもHEATには、チャンピオンリングの取り方を知っているNBA史上最強センターのO'Nealがいる。これは大きなアドバンテージになる。
初戦、もしHEATが勝つようならばシリーズは一進一退で進む好シリーズになると思う。逆に初戦でMavericksが圧勝するようなことがあると、そのまま4タテまであるのでは、と大胆予想w。HEATは初戦を負けるにしても好勝負をしなければFINALは厳しい戦いになるはず。僕の予想は「あのMavericksが!?」という期待も込めて、Mavericksの優勝に一票。

追記:個人的に注目したいのは、HEATのJayson Williamsという選手。

僕が見た事があるのは、SACRAMENTO KINGS時代の彼だけだが、その時あまりのパスのトリッキーさに度肝を抜かれた記憶がある。いつのまにやらHEATに移籍していた。最近ではどうも遠慮しがちにプレーしているという噂も聞いたが、晴れの大舞台。チームの2枚看板を喰うくらいのプレーを見てみたいものだ。
スポンサーサイト
// 05:53 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
<<快挙。 | ホーム | Belmont Contenders。>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。