スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 もうひとつのNY。
2006.06.06(Tue)
NY滞在15日目にして、ついに禁断の地HARLEMに足を踏み入れてしまった。
しかも、特に治安が悪いと言われているEAST HARLEMにだ。今まで安全な旅をしてきた僕らが、どうしてよりによってHARLEMに宿を取ったのか?ずばり、「安い」「無料朝食」「無料インターネット」の3つが目に飛び込んで来たからである。
とにかくNYの宿はどこも高くて、そのくせにゴキブリが出たり、ゴキブリの死骸がタンスにこっそり隠されていたり、ゴキブリの赤子がベットを這っていたりと総じて汚らしかった。無料朝食もなければ、インターネットもできやしない。
資金がカツカツになってきたところに、今滞在中のホステル情報が舞い込んだ。場所とかろくに調べず、取りあえず予約だけしてしまい、後々調べたらEAST HARLEMだったという始末。ネットやタダ飯はいいが、やや気が重い。

取りあえず新しいホステルにチェックインし、荷物を置いてHARLEMを探索。細かいレポートは後日に回すとして、いきなり治安の悪さを露呈する事件に遭遇。
それはHARLEMでもかなり人通りも多く、賑やかな通りを歩いていたときである。僕の左前方3mほどのところにいた男性2人組が、もの凄い剣幕でがなり立てていた。はっきりは聞き取れなかったが、どうもF●●K的な言葉を発していた。後ろを振り向くとそこにはガラの悪そうな3人組の兄ちゃん。こちらも似たような罵詈雑言で応酬。と、いきなり両者が走り出して、ストリートファイト勃発。グーで顔面を狙い、膝で内蔵を狙うマジバトル。周りは止めるどころか「やれ!やれ!」と火に油を注ぐ始末。嫁、唖然。さすがに写真を撮る事はしなかったが(HARLEMでむやみやたらに写真を撮るのは命取りだそう)、ついさっきまでいたNYとはまるで違う世界がそこにあった。

大丈夫かHARLEM? 大丈夫か俺たち? つづく!!!
スポンサーサイト
// 12:17 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
<<Belmont Contenders。 | ホーム | 絵になる男。>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。