スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 安西先生、バスケがしたいです…。
2006.05.24(Wed)
今や昔の話だが、僕は自他ともに認めるバスケットマンだった。中学生の頃にバスケに目覚めて、365日ボールを離さない日はないほどに熱中した。高校受験の夏も、一人学校でバスケをやり、当時通っていた塾の先生に、「なんでお前だけ日焼けしてんだ!(みんな部屋にこもって勉強しているのに、という意味だと思う)」と怒鳴られた。しかし僕は聞く耳を持たず、高校に行かないでアメリカにバスケをやりにいく!と周囲に豪語していた。
ま、その話は結局流れて、隣町のバスケが強い高校を受験した。かなり評判の悪い学校で周囲に反対されたが、バスケのためだと雑音をシャットアウトした。
高校時代は優勝したり、市の選抜予備軍に参加したりとそれなりに活躍したわけだが、同時に自分のバスケの限界を知った。俺より上手い奴はゴマンといるわけで、NBA(アメリカバスケットのプロ)なんてのは夢のまた夢なんだなぁと、と思った。

薄汚いNYのホテルの部屋でテレビを見ていると、NBAが放映されていた。バスケ後進国の日本では考えられないが、平日のゴールデンタイムに2試合分ぶっ通し(3、4時間)である。すでにNBAのシーズンは終了しており、現在はチャンピオンを決めるプレイオフシリーズの真っ最中。脳内にふと懐かしいアドレナリンが分泌された。
僕がNBAに熱中していた時代は、なんといってもマイケル・ジョーダンだった。

シカゴ・ブルズを3連覇×2回、計6回もチャンピオンに導いたNBA史上最高にして最強のプレイヤー。バスケットシューズの「エアジョーダン」も有名で、履けばジョーダンのようなプレーが出来る気になる魔法のシューズだった。
 
この日見た試合というのは「ダラス・マーベリックスvsサンアントニオ・スパーズ」で、かろうじて知っていたのがスパーズのエース、ティム・ダンカンという選手だけ。西カンファレンス(地区)の準決勝の第7ゲームで、この試合に勝った方がカンファレンスファイナルに進出できるという超重要な一戦だった。(ダラスかぁ)と漠然と思った。というのは、僕がNBAを見ていた10年ほど前、ダラス・マーベリックといえばNBA一のお荷物チームで、年間勝利数が一桁という超弱小チームだったのである。それがどうだろうか。昨年度のチャンピオン、スパーズを終始リードしているのだ。それもアウェー(敵地)で。スピーディな攻撃にアグレッシブなディフェンス。一時は20点近くもリードしゲームの流れを掴んでいた。どちらのチームが好きということもないが、なんとなくマーベリックスに頑張ってほしいと思った。延長戦までもつれ込んだ激戦は、結局マーベリックスが119-111でスパーズを退けてカンファレンスファイナルへと駒を進めた。相手はフェニックス・サンズである。

今回アメリカ滞在中に、なんとかNBA観戦をしたいと思っていた。NYにはニックスというチームがある。このチームは僕が見ていた当時はブルズ最強のライバルとして強かったのだが、現在は最下位争いをする弱小チームへと落ちぶれている。むろんプレイオフにも進出しておらず、NYで試合を見る事はできない。カンファレンス決勝に残っているチームはダラス・マーベリックス、フェニックス・サンズデトロイト・ピストンズマイアミ・ヒートの四チーム。どこも遠いし、なによりもうチケットは取れないだろうなぁ。

嗚呼、少年老いやすく、夢なりがたし。
スポンサーサイト
// 05:42 // 日記 // Trackback(0) // Comment(3)
<<(渋谷+新宿)×2+京都。 ~NY散歩その1~ | ホーム | Preakness S. Report>>
コメント
 
バーバロがあんな事になるとは...後味の悪いレースになってしまい残念です。
ピムリコでこんなアクシデント眼の前でみたら、さすがに落ち込みますよね。
サイレンススズカのときはTVの前で泣きました。
バーバロの手術後、経過は良いようですがまだまだ先は判りません。
走るのが出来なくなってもいいから兎に角生きていて欲しい。
// 2006.05.24 // 14:01 // URL // mmk // edit //
 
アメリカでスポ-ツ観戦いいですね。ヤンキ-スの松井秀喜が手首骨折したので、彼は観れませんが代わりに松井(稼)のいるメッツのゲームはどうでしょう?
外野席の安い席は$10くらいで観れるのではないかと思います。

NBAのゲームはトロントのエアーカナダセンタ-で、ラプタ-ズVSセルティックス戦
を観戦した経験しかありません。ラプタ-ズにはその当時V.カータ-、T.マグレイディ、A.デービスなどがいて好きなチ-ムでした。
以前にNYのMSG前で偶然スーツ姿のSオニ-ルを見かけましたが、横幅もあり
そのでかさにビックリした記憶があります。
// 2006.05.24 // 17:00 // URL // mmk // edit //
 
>mmkさん

いまとなっては、ロスにいる間にレイカーズかクリッパーズの試合を見ておけば…と後悔しております。NYで見たいと思っていたのでLAではスル-したのですが、考えてもみればこの時期はすでにプレイオフで、弱化しているNYニックスはプレイオフに進出できず。マジソンスクエアガーデンまで頑張れば歩ける距離のホステルなのに、ほんと、もったいないことしました。
オニールを見た…羨ましい限り。。。そう言えば、ロスのサンタモニカでコービー・ブライアントらしき家族を見かけたのですが、誰も騒いでおらず、普通にメインストリートのベンチに座っていました。こっちでは有名人がいても騒がないのかどうかわかりませんが、ガタイといい、洋服の小ギレイさといい、コービーっぽかったのですが…確証はなく、結局今もってその真相は謎です。

Barbaroは手術は無事に成功したようで、p4p.さんから、Barbaroの術後の経過を紹介している病院のサイトを教えていただきました。もしよかったら、そちらもご覧になってくだしさい。
http://www.vet.upenn.edu/newsandevents/news/Barbaro.htm
// 2006.05.26 // 01:45 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。