スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 2食、送迎、LIVE付き。
2006.04.28(Fri)
4月22日からの三日間。僕らは、ユウの高校時代の同級生で、現在LAでシェフをやっている宮脇くんのマンションにお邪魔していた。高校卒業以来、10年間全く連絡していなかったのに、ネットの某コミュニティで偶然見つけてコンタクトを取ったら、快く「おいでよ」と返事をくれたという幸運。
右も左も分からない我が夫婦は、いざという時の切り札として、彼の携帯電話番号を握りしめていた。
LA着後、タイミングを逃し続けて約3週間弱。彼の休みにあわせて、なんとか合流することができた。Little Tokyoのスーパーで待ち合わせ、宮脇くんが駆るJeepでいざお宅へ。軽快にフリーウェイを飛ばし、右側通行(アメリカでは、日本と車線の関係が逆)もなんなくこなしていく。COOL! 帰りがけにマーケットにより、夕食の食材を調達。腹を空かしているだろう僕たちに、腕によりをかけてご馳走してくれるというのだ。Great! まさに至れり尽くせり。
しばしのDriveを経て、LAのカルバーシテぃという所にある宮脇邸に到着。部屋に入って驚いた。月9ドラマに出てくるようなデザイナーズルームだったのである。まず目に飛び込んで来たのはQueenサイズのベッド。日本ではまずお目にかかれない。僕が前に済んでいた部屋ならば、それだけで部屋のスペースが死んでいただろう。また、使う機会はなかったがOLD SCHOOLな冷暖房もシャレていた。さらに、音楽もやっている宮脇クンの部屋には電子ピアノまであった。料理人とミュージシャン、二足のわらじを履くマルチ人間なのである。そしてなんと言っても、目玉は広々としたキッチン。本人曰く「もっともこだわった」というそのスペースはまさにAmerican。四口コンロ&業務用オーブン(七面鳥も焼けるそうだ)。大きな冷蔵庫。およそ一人で住む部屋のそれではない。羨ましい限りだ。。。
というわけで、豪華でオサレな宮脇邸での生活がはじまったのであります。

1日目(22日・土)
宮脇クンおすすめのチャイニーズマーケットで骨つき肉&エビ&その他をゲット。エビのチョイ辛和え、ソーセージと野菜の炒め物?、骨付き肉の豪快煮。もうおなかいっぱい。味は五つ星。

2日目(23日・日)
天気がいいので、ベニスビーチまでWALK。思いのほか遠くて、1時間以上歩く。いざビーチに着くも、悲しいかな雲行きが怪しくなる。泳ぐ訳にもいかず、浜辺を歩いてサンタモニカビーチへ。果てしなく歩き、約2時間後到着。気合いを入れてハーフパンツを着用したのが裏目に出て、脛から足の甲にかけて真っ赤に日焼け。ダウン。
 


夕方、仕事から帰って来た宮脇クンがビーチまで迎えに来てくれた。そのままサンタモニカの市街をドライブし、帰りに買い出し。この日のDINNERは、前日の残り肉をたっぷり煮込んだCurry。食が進む進む。シーザーサラダまでついて、もう言う事なし!味は無論、五つ星。

3日目(24日・月)
なんと、朝から宮脇クンがキッチンに。前日のあまり材料を使い、三種のサンドイッチをサクサクっと調理。卵、サーモンペースト、カレーの三種。とても朝の短時間で作ったとは思えませぬ。朝から僕の満腹中枢が刺激されたのであった。
昼、再び僕らはサンタモニカ市外へ。あてもなくブラブラして、時間をつぶす。宮脇クンにお世話になったお返しに、彼が気に入っているインテリアショップで、キャンドルライトを購入。
夜、宮脇クンと合流。最後の夜ということで、ちょいと長めにDrive。今夜のメニュ-は、なんとブリトー。んなもん、7-11でしか見た事ないっす。感動しているのもつかの間、オリジナルブリトー&三種のソースが完成。
◎クリックすると大きな画像◎
アボガドソース、サルサ、サワークリームをMIXでデコレートして、思い切りがっつく。OH!メキシカン。

◎クリックすると大きな画像◎
デザートはパイナップル、グレープフルーツ、葡萄、マンゴーをふんだんに使った南国盛り。
そして、3日目にして、はじめて宮脇クンがピアノに。オリジナル曲をサラリと演奏。しばし聞き入る。BIG HIP BANDファンには申し訳ないが、砂かぶり席でのプライベートライブである。うーん、宇宙旅行!
◎クリックすると大きな画像◎


4日目(25日・火)
いよいよ別れの日。彼が用意してくれた朝食は、なんと豚キムチ炒め!ご飯がご飯がススムクン。最後まで最高の食事を提供してくれたのであります。ありがとう、宮脇クン!
◎クリックすると大きな画像◎


この感謝は言葉で表せるものではありませぬ。とにかく良くしてくれて、もう最高の四日間でした。僕など、初対面にも関わらず、いろいろな話をし、刺激を受けて、また素敵な夢を見ました。もっと頑張らなくては!

PS.1日目、2日目は、写真を撮るのも忘れて飯食ってました。すんません。ビジュアルで伝えられないのが残念無念。
スポンサーサイト
// 04:21 // 日記 // Trackback(0) // Comment(2)
<<$10ホステルの理想と現実。 | ホーム | 競馬新聞を解読する試み。>>
コメント
 
彼がいい人でほっとした。 M君みたいな生き方もあるんだね。
それにしても、うまそー!(*^0^*)
// 2006.04.28 // 07:23 // URL // favorite // edit //
 
ほんと、とても10年ぶりに会った人とは思えないほど、良くしてくれました。
こっちにきて、何かと不安や疲れがありましたが、それらも全部解消した感じです。
// 2006.04.28 // 07:57 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。