スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 サンタアニタ写真館
2006.04.11(Tue)

日本と同じく、ゲートは移動式。Santa Anitaの文字の汚れ具合もいい感じ。


これがターフビジョン。オッズやらタイムやらが掲示されるがほとんど解読できず(涙)


サンタアニタダービー記念で無料Tシャツを配布中。山のように積まれたTシャツが・・・。


着るとこんな感じ。両面プリントでGOOD。競馬の時はこれを着て(笑)


場内にはダービーTシャツ着用の人多し。こんな赤ちゃんまで決めていた!


いまにも走り出しそうな芦毛馬Ace High Hand。Mr.Sekiguchiの前に敗れる・・・。


あまりの芳醇なにほいに誘われて思わず購入。本場のHotdogはやはり旨い!


●馬券について

まずは種類から。
Win単勝
Place2連勝複式(馬連)
Show3連勝複式(ワイド)
Exacta馬単
Trifecta3連単
Superfecta4連単
Rolling Double連続したレースの重賞
Pick3指定された3レースの3重賞
Pick4指定された4レースの4重賞
Pick6指定された6レースの6重賞
Parleyころがし馬券


この日、僕が買ったのはわずか2種類だけ。WinとTrifecta。かろうじて馬券の種類がわかったのがこの二つだけだったからであ(泪)日本でも当たらない三連単なぞ、こっちで買ってあたるわけがなかろうに、馬連がどれか理解できず。。Pick~はなんとかわかったものの、舞い上がっている上に、馬券購入時の焦りでひっちゃかめっちゃか。結局を手を出さなんだ。ちなみに、レープロを見る限りでは、Pick6は配当がプールされまくっていたらしく、$1,000,000也。まさにアメリカンドリーム。
さて、競馬場に来てまるっきる浮かれていた僕。意気揚々と馬券を買おうと穴場へ来たはいいものの、当然英語はチンプンカンプン。日本人を探して聞こうにも人が多すぎてできず。某ホームページ(紹介したいのですが、すでにアクセスできなくなっていまして・・)でかすかに得た知識を元に、とある券売機の前に。バウチャーと呼ばれる、現金保証書を買うためである。まずは現金をこのバウチャーに変えて、馬券を買う(と書いてあったような)。取りあえず5$分のバウチャーをゲット。

これをこんどはタッチパネル式の馬券発券機に突っ込んで、ナビゲートに従って馬券を買う。これが買った馬券の一例である。

薄っぺらいレシートみたいで、いまいち実感がない。ちなみに、一番手前に見える馬券は、サンタアニタ競馬場5レースのTrifectga(三連単)、1→3→5の順で1$買った馬券である。
日本ではマークシートに記入して、金とともに券売機に入れると馬券が出てくる仕組み。むろん、こちらにもマークシートは存在する。一度も使っていないが、一応持って来た。

マークシートの方が早くて正確だとは思うが、タッチパネル式のところにも多くの人が並んでいた。次はマークシートに挑戦したい。
さて、問題の配当金の払い戻し方法である。先にも登場した某ホームページによると、プリペイドカードに配当金がプールされるか、バウチャー機に入れると払い戻されるとある。僕は、Mr.Sekiguchiの単勝分をバウチャー機に入れたが、配当金である3.8$分のバウチャーがまた出て来た(汗)わからないことが多くて困る。
この日は大急ぎですべてが展開したため、わずか3レース分しかできず、20$弱しか買っていないので、馬券のスリル的なものはそれほど味わえなかった。せっかく日本にはない馬券、それもまさに夢のような配当にありつける爆弾馬券が存在するのだから、次こそはそれらの馬券に手を出したいと思う。

PS
僕がサンタアニタ競馬場に行った4月8日は当場の他にも複数の競馬場で開催されていた。当然その馬券も買うことができ、その模様は場内の至るところのビジョンで放映されていた。どこかのどかな場外の雰囲気とは裏腹に、小さなビジョンで別場のレースを買っている人たちには鬼気迫るものがあった。それは、幾度となく目の当たりにして来た、東京競馬場のそれと似た匂いを持っていたのである。
スポンサーサイト
// 23:22 // アメリカ競馬-Santa Anita // Trackback(0) // Comment(12)
<<アメリカ観察~LA篇 | ホーム | サンタアニタダービー、その前に>>
コメント
 
競馬のことはわからないけど(しつこい?)、ほんとにおもしろい!
// 2006.04.11 // 23:34 // URL // favorite // edit //
 豪雨
カリフォルニア州に非常事態宣言(!)が出たみたいですね。
カリフォルニアと言ったらもちろん広いから、直撃しているかどうかはわかりませんが、昨年のニューオリンズの衝撃が頭から離れず若干心配してます。
一通りアップし終わったら天候のお話も聞かせてください。
// 2006.04.11 // 23:52 // URL // Heaven // edit //
 
なんとか平気です。
というよりむしろ、抜けるような青空です(笑)
// 2006.04.13 // 01:10 // URL // タカアキ // edit //
 
ホンマやなぁ、確かにレシートみたいな馬券やなぁ。
Tシャツはよ~似おてるでぇ、でも、首かしげんときや。

そやけど、ホンマ、いよいよ始まったって感じやなぁ、放浪が。
エエ按配やわぁ、まぁ、同行してるつもりのワシとしても
かなりぃ、盛り上がってきたでぇ!
// 2006.04.13 // 11:22 // URL // king // edit //
 
>favoriteサン

お褒めの言葉、ありがとうございます。

それだけで、充分誕生日のお祝いです(身内ネタですw)

これからも頑張りマース。
// 2006.04.13 // 11:27 // URL // タカアキ // edit //
 
>kingさん

マジですか?

空気感、伝わっていますか?

なんていうか、あまり理屈ではなく、

勢いというか雰囲気というか(笑)

それが伝えられれば本望です。

さて、次回も楽しみにしていてください!
// 2006.04.13 // 11:31 // URL // タカアキ // edit //
 
あのさぁ、上から二番目の写真と五番目の写真が
同じなんやけどぉ。赤ちゃんの写真も、できたら観たいなぁ…。

そう言えば想い出したけど、随分前に、ワシは
ロサンゼルスのフィゲロアホテルに泊まったことがあったわぁ。
ダウンタウンにある小さなプールの付いた、
安ホテルやったけど、テラスでの朝食が気持ち良かった。
あぁ、ワシもリアルに行きたいなぁ…。

実行に移しているあなたは、エライよ!
次回、もち、楽しみにしてるゼ。
// 2006.04.13 // 18:13 // URL // king // edit //
 
>あいかわらずの校正漏れ、お恥ずかしい(笑)
ご指摘ありがとうございます。
写真、直しました。
こんな赤ちゃんも、なんかカッコイイ。
これもアメリカならではなのでしょうか。。

こちらは本日、真夏並みの暑さ。
死にそうです。
// 2006.04.14 // 06:49 // URL // タカアキ // edit //
 
府中でも中山でも200円の紙ぺらをもぎりの女性に手渡して、場内に足を踏み入れるときの昂揚感はたまらないが、『棚から牡丹餅』の”いざ入場”は読み手に興奮を与えたよ。
いざ皐月賞の方は、桜が安勝ー豊だから、福永ー豊と行こうか。豊2着で頭とヒモ探しだな。
ところで、桜2分の1の抽選負けしたニシノ社長が忘れな草を制した情報なんかは届いているのかな。
// 2006.04.14 // 07:04 // URL // SBA’F // edit //
 
こちらにいると、日本のクラシックレースとの感覚的な時差にびっくり。
桜花賞も、終わった後に「そういえば、もう桜花賞終わってるんだ」と気づいた始末。
そうこうしているうちに、すでに皐月賞が迫ってきています。
忘れているわけではないのですが、こちらでイロイロなものに追われていると、ついつい思考の隅の方へと流れていってしまうようです(汗
ちなみに、僕はそろそろ横典の一発に期待したい感じ。桜花賞では、自分が乗ったことのある馬のワンツーをくらって、これには本人も相当にフラストレーションが溜まったはず。関東のエースと言われるも、最近はGには縁がなく。後輩の北村から半ば奪った(ま、トレイナー、オーナーの意見でしょうが)馬。下手は打てない、まさに背水の陣。関東馬の意地を見せてくれた桜花賞。今度は、関東ジョッキーの意地が見られる皐月賞でどうでしょう。

ニシノ社長は、忘れな草、藤田だったんでしょうか?(笑)これで、オークスはなんとか出走できそうですね。今度こそ、一発に期待したいです。
// 2006.04.14 // 11:43 // URL // タカアキ // edit //
 
ニシノフジムスメ藤田だ。キングヘイローがオークスというのも手を出しにくい。横典ジャコスコライトも藤田nice guy sinsukeもNHKマイル向きだろう。
ところでinternet無料のホテルはもうcheck outしたのかな。JRAホームページで4/7からスペシャルサイトが始まって、その中のJRA文学館第1回目が寺山だ。機会があったら開いてみなよ。
// 2006.04.14 // 16:10 // URL // SBA’F // edit //
 
情報ありがとうごうざいます。

インターネット無料のホテルは出てしまったのですが、現在滞在しているホステルも、時間帯によって、微妙に電波が入るため、無線でネットにつなぐことができます。(最悪に遅いですが)
早速、JRAのサイト見ました。
お役所仕事などなど何かと厳しい意見が多いJRAですが、これはなかなか粋ですね。このエッセイは、確か「競馬無宿」という本に収録されていたものですね。愛すべきタマミを推す寺山。
読むたびに味わいがます寺山の競馬文学。その高みまで!(いけたらいいなぁw)
// 2006.04.14 // 23:31 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。