スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 凱旋門は遠くなりにけり。
2006.08.12(Sat)
ディープインパクトが、無事にフランス入りをした。
なんだかんだで、凱旋門プランはご破算になるんじゃないかと思っていたが(宝塚記念出場をしたあたりで)、池江老や馬主の執念は、相当のものだったようだ。ハーツクライがキングジョージに敗れたことから、決して楽観視できるわけではないが、頑張ってもらいたい。
一方の僕らは、ディープの凱旋門賞を見る前に、力つきて日本へ帰る事になった。無念といえば無念だが、それも致し方ないことと思っている。
かわりと行ってはなんだが、フランスでは別のレースを観戦するつもりである。それは8月20日にフランスのドーヴィル競馬場で行われるモルニ賞という2歳のG1である。位置づけとしては、一応フランスの2歳短距離最強決定戦となっている。さすがにこのレースに日本馬の参戦はないし、あまり日本でも馴染みのないレースだが、僕はパソコンの競馬ゲームをやるのでよく知っている。ただ、夏の短距離戦というだけあって、来年春のクラシックを担う馬にとっては無縁のレースかもしれない(これはゲームをプレイしての感想である)。
過去、このレースに勝った主な馬は以下の通り。
2004 Divine Proportions
2001 Johannesburg
1992 Zafonic
1991 Arazi
1990 Hector Protector
1989 Machiavellian
1976 Blushing Groom

やはり、早熟系の馬が多いように思われる。それも底力タイプというよりも、素軽いスピードタイプか。それでも、本場の直線レースということで、楽しみである。もし今年のモルニ賞を勝った馬が、来年の凱旋門賞を勝つようかことがあれば…それもまた、遠い話か。

追記:8月20日のドーヴィル競馬場の開催レース及び出走予定馬は以下の通りである。
8月20日ドーヴィル競馬場開催
スポンサーサイト
// 19:41 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(2)
<<これから。 | ホーム | 寂しい夜。>>
コメント
 
な、ななななんだって~~!!! 凱旋門賞を観ずに帰ってくるのですか!? タカアキさんのレポートのクライマックスだと思って楽しみにしておりました。残念です(ノД`)・゜・ え~ん。少しでも残れる可能性があるのなら、頑張ってください。
私も、こんなチャンスは滅多にないことなので、歴史的瞬間を目にする為、ヨメに渡仏交渉中です。
// 2006.08.12 // 23:12 // URL // 冨平 // edit //
 
>冨平さま
本当に、愚かで無念としかいえません。なんとかして、凱旋門までは・・・と思ったのですが、予想以上の資金難に、あえなく凱旋門前の帰国とあいなりました。
今年の凱旋門は、本当に「もしかしたら」がなきにしもあらずなので、非常に後ろ髪を引かれる思いであります。帰国後、一ヶ月死に物狂いで働いて、再び凱旋門前に渡仏することも考えておりますがwwww
冨平さまの方は、なんとか奥様を口説き落として、ぜひともロンシャンに!部ログを通じて、そのお話、楽しみにしております。
// 2006.08.15 // 18:41 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。