スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 アテネ観光~上級編~
2006.08.06(Sun)
アテネ滞在最終日。
明日は早朝のバスでブダペストに戻るため、実質今日(8/5)がアテネ観光できる最後である。
市内にもまだまだ名所はあり、行っていない所が大半だが、僕らが選んだ最終観光地は「海」。それもホステルのテラスか見える、徒歩5分の極近のビーチである。ガイドによれば、ここら辺一体のビーチはアテネ市民が日帰りで遊びに来るという有名ビーチだった。確かにバスに乗ると、いかにも「ビーチに行きます」「海帰りです」という体の市民に出会う。
今日も絶好の海日和。いざ、出発。ちなみに、水着を持っていないので、僕は寝間着用のハーフパンツ、嫁は泳ぐ事はないということで薄手のワンピースというなり。財布も時計も持たずに、歩き出した。
本当に近くて、大きな道路を一本挟んで向こう側がすぐ海である。入り口を探すと、なんと有料。一人5ユーロ。フェンス越しに中を見ると、確かにヤシの木が立ち並び、そこここに売店がある。レストランも併設されており、もの凄い人の出だった。しかし、海なのに有料とは…。どうしようかと思案するが、結局断念する。ここでも財布の紐は堅かった。
やむなくホテルに帰ろうと歩き出すと、はるか前方に入り口らしきものを発見。取りあえずそこまで歩いてみると、なんとこちらはフリー。その分、若干汚いし人も少ないが、この際構わない。

タンクトップを脱いで、そのまま海へ。日差しが強いせいか、海はそれほど冷たく感じない。微妙なぬるさが、また気持ちよいのである。海に入るのなんて、何年ぶりだろうか。年甲斐もなくはしゃいだ。海の水は、やはり塩辛い。


30分ほど海水浴をした後、疲れてホテルへ帰る。近いので、裸のまま歩き出す。ホテルへ帰るまでに体は乾いてしまった。素敵な日差しである。
アテネの最後に最高の1日を過ごす事ができた。こんな近くにあったのならば、今日だけと言わずに毎日フラッと遊びに行けばよかった。まさに後悔先に立たず。でも、気持ちよかった~~~ぁ。
スポンサーサイト
// 01:22 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
<<仏の顔も三度までor三度目の正直。 | ホーム | ガイドには載らないアテネ事情。>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。