スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 天の邪鬼。
2006.07.28(Fri)
日本競馬が英国アスコット競馬場に釘付けになっている中、僕はギリシャに向かう。
もちろん、海外で日本馬を見、応援したいという気持ちがないでもない。が、逆に言えば今年のキングジョージには多くの日本ファンが駆けつけるだろうし、それならば僕は行かなくてもいいか、と勝手に結論づけた次第(事実は金がないだけということもあるが)。
予想は特別しない。どうせならばハーツクライを応援したいが、Electrocutionistはロイヤル・アスコットのプリンスオブウェールズSを見たが激しく強い。どっちが先手を取るのだろうか。ちょっと注目したい。
もしかりに、ハーツが勝ったらディープとの再戦はあるのだろうか。ここまで来たら是が非でも観たいが、考えてみればどちらにも益がない戦いなのは明白。JC? 有馬? とにかくその戦いは、生で見たい。
スポンサーサイト
// 23:05 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(5)
<<神々の国へ。 | ホーム | Foie gras Party.>>
コメント
 
さしぶりです!いつもブログ拝見してますよ!!
いろいろ出会いがあって、いろんな国を周ってるからめちゃくちゃ
うらやましいです!!
たった1週間のロス滞在でしたがぼくん中でいろいろ変化があって
1年後、ワーキングホリデーでカナダに行くことにしました。
ツアーでは絶対気がつかないことってのが放浪には多い気がします。
日本に帰ってきたらまた一緒に飲みましょう!!で いろいろ話聞かせて
ください!まじで!!! 東までぶっ飛んで行きます!!
PS けんやは今療養中・・・
// 2006.07.29 // 02:12 // URL // まさゆき // edit //
 
>マサユキくん
おお、久しぶり!!!元気にしとりますか?(けんや君はそうでもないかw)
ワーホリかぁ。。凄い心境、環境の変化だね。ワーホリって年齢制限があるから、まさに若いうちしかできないもんね。実際に、ひとつの国にいて、そこで働き、生活するってのは、旅しているだけでは気づかないことも沢山あることと思います。
多分、予定に反してもうすぐ日本に帰ります。帰ったら連絡します。大阪にも行きたい。そのときは、あのハリウッドの夜よ再び!で盛り上がりましょう。お好み焼き&たこ焼き器よろしくw
ケンヤ君に、ちゃんと養生するように伝えてください。
では、今度は日本で会いましょう。
// 2006.07.29 // 17:59 // URL // タカアキ // edit //
 
大阪ではカールスモーキーのクジラも忘れずに。
あとは大阪プロレスかな。
// 2006.07.30 // 10:26 // URL // p4p. // edit //
 
ハーツクライ、3着でしたが、上位3頭の能力はほぼ互角だったと思います。悲観する内容ではないでしょう。
とはいえ、ヨーロッパではHurricane RunやElectrocutionistクラスの馬は珍しくなくて、毎年数頭出るわけですから、世界は広いです。
キングジョージには3歳馬やShiroccoが出てませんでした。こいつらが揃う凱旋門賞はキングジョージどころのレベルじゃないと思います。
今回のハーツクライを物差しにして、ディープインパクトが凱旋門賞で勝てると考えるのはちょっと甘いかなと。僕はDylan ThomasとShiroccoはキングジョージの上位2頭より強いと思っているので。

でも、Bernardiniはもっと強い。
Jim Dandy Stakes見てください(www.ntra.comで無料で見れます)。
あの馬やばすぎです。
// 2006.07.30 // 10:52 // URL // p4p. // edit //
 
ギリシャに着いて、まっさきに調べたのがキングジョージの結果でしたw
ハーツ3着は、妥当といえば妥当だし、どんなレースをしたのか解りませんが、もう少し肉薄、あるいは勝ち負けできたんじゃないかなぁと、勝手に思います。

確かに、今年のキングジョージは近年まれに見る少頭数。無論、それだけに少数精鋭という見方もありますし、逆に言えば未知の強豪がいないとも言えます。(クラシックホースやShiroccoらを捕まえて未知の強豪というのも失礼ですがw)
僕も思うのですが、ハーツを基準に考えて、ディープの凱旋門は日本で思われているほど甘くないんじゃないか…って気がします。事実、有馬でハーツの後塵を拝しているわけで。まあ古馬になって完成したという声もありますので、一概に比べる事はできませんが。

ああ、実際に見たことのある馬が大舞台で戦う興奮(p4p.さんにしてみれば、愛ダービーのDylan Thomasなどなど)。僕が見たハンガリーダービー馬が凱旋門に出る可能性は…ないだろうな(笑)

Bernardiniのレース…見てみます!!
// 2006.07.31 // 15:20 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。