スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 Where is Race Track?
2006.07.21(Fri)
今日の開催がないことは知っていた
というのは、ネットであれこれ調べているうちにKrieau競馬場のリンクを見つけたからである。全文ドイツ語でほとんど読めなかったが、あれこれページ内を飛び回っているうちに、どうやら「競走結果」を表記しているページに行き着いた。ざっと目を通すと、どうやら7月と8月の開催は例年なかった。これでウィーンで競馬を観る目的は達成できなくなったわけだが、せめて競馬場の雰囲気だけでも…ということで、熱暑の中を出掛けることにしたのだ。
園内は大型アトラクションを稼働しているためか、気温以上に暑かった。体感で40度は超えていたのではないか? 入り口で買った水も、園内を歩き回る間にぬるま湯になっていた。競馬場は、地図で見た感じ以上に遠く感じた。
やっと地図上で競馬場が記されている付近に到着。運良く、入場門は開いているようだった。小走りで向かう。と、様子がおかしいことに気づいた。

WINER~TRABRENN-VEREIN=VIENNESE TROT-RUNS UNITES;ウィーン・トロット競走団体の看板。おかしいと感じたのは、ちょっと廃れている感じがしたからである。錆びれているは聞いていたが、落書きやゴミが散乱していたし、一部にはバリケードを破ったような跡もあった。行き過ぎではないか?
恐る恐るゲートをくぐり、中へ。ギョッとした。
  
ガイドによるとパドックがあると思われるスペースには瓦礫の山が。雑草も伸び放題である。そして、スタンドの目の前には背丈の高い雑木が視界を遮り、窓ガラスも割れていた。使われていないんじゃないか、嫌な予感が頭をよぎった。
  
コースに目をやると、一応ダートコース(というより小学校のグランドのような質だが)は整備されているようだった。しかし、照明灯や芝生スペースにはカラスの群れが。哀れな情調を漂わせていた。写真には写っていないが、遠くの方ではコースでゴルフに興じる人々の姿もあった。一番左の写真の右端に見える白いスクリーンのようなもの。これは競馬の掲示板ではなく、どうやらW杯の映像を流したPV(パブリックビューイング)だと思われる。そう言えば、あれこれ調べている時に「Prater内の競馬場にてW杯を放映」という記事を見かけた。
つい最近の開催結果を見ていただけに、この荒廃ぶりには驚きを隠せなかった。とてもではないが、ここで競馬が開催されたとは思えなかった。ただ、以下の写真を見てもらいたい。
 
左が入場門から見て手前にあるボロボロのスタンド。右はそのボロボロスタンドに隣接しているスタンドだが、こちらは全面鏡張りの近代的な造りで、キチンと整備されていたのである。新スタンドの前には、PVを観るようと思われるオープンテラスも用意されていた。人もチラホラいた。
事情がよく飲み込めないが、一応競馬場は残っているということなのだろうか。非開催中だったので真実は解らないが、道すがら競馬の看板も見かけたし、インフォメーションのMAP(2006年度版)にも競馬場の案内が載っているのだから、潰れたということではないのだろう。
それでも、9月にはまた開催があるようだが、ここで競馬が開催される絵が想像できない。フロイデナウ競馬場が閉鎖され、残ったKrieau競馬場がこの様。僕が辿り着けなかったMagna Racinoはそれなりに盛況のようだが、半分以上はCasino目当ての客である。ウィーンの競馬の未来は、どうやら明るくないようだ。
スポンサーサイト
// 19:59 // オーストリア競馬 // Trackback(0) // Comment(2)
<<I lost the important one. | ホーム | Praterに行こう。>>
コメント
 
ハンガリーやオーストリアの競馬のレポートってのも凄いんですが、もっと凄いと思うのは、競馬観戦のためにヨーロッパを転々としていながらハーツクライ出走のキングジョージに行かないという旅程です。

で、そのキングジョージなんですが、ハーツクライよりも、自分がロイヤルアスコットやアイリッシュダービーでナマで見た馬の方が気になります。最大の関心はDylan Thomasの出否。Coral社のオッズで名前がないんですよね・・・。
キングジョージも凱旋門賞も、ブリーダーズカップ参戦予定の馬に勝ってほしいってのが本音です。
ハーツクライもディープインパクトも興味はありますが、実際に見たことないし、今後見ることもないだろうし・・・アメリカで走ってくれるのなら手放しで応援する気にもなるんですが。
// 2006.07.24 // 12:01 // URL // p4p. // edit //
 
>>>キングジョージに行かず…
その事に関しては、僕もどうしようか迷いました。結局、飛行機の経由がロンドンなのでアスコットに行こうと思えば行けるのですが、そのためには他の旅路を大幅に変更せねばならず(飛行機の日程変更が難しい)。ちょうどレース中はギリシャにいるはず。ギリシャから応援しようかなぁと。まあでも、本当に捻くれた旅程だなぁとは思いますがw
// 2006.07.26 // 18:00 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。