スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 世界準一周競馬ルート
2006.03.13(Mon)
当初は、本当に競馬で北米から南米、ヨーロッパ、オセアニア、アジアを巡るつもりでいた。しかし、安全面、資金面を考慮して南米はパスせざるを得なくなってしまった。
一番楽しみにしていたアルゼンチンとブラジルの競馬に行けないでは、今回の旅の半分がなし得ない感じだが、それはまたいずれの機会にでも行きたいと思う。
とりあえず、今回の旅のルートを簡単にご紹介したい。

まず向かうは競馬大国アメリカ。成田からロサンゼルスに入り、2週間ほど滞在する予定。映画にもなったシービスケットの銅像があるサンタアニタ競馬場に行く。調べた感じでは、開放感があり、古き良きアメリカの空気を讃えている競馬場のようだ。そして、東海岸へ。ルイビル、ワシントン、NYとまわり、米国のトリプルクラウンを生観戦!この旅最初の山場をいきなり迎えてしまう。
次は遥かヨーロッパ。ハンガリー、オーストリア、ドイツ、フランスと進路を取る。ここでのメインイベントはやはり凱旋門賞。ドレスアップしなければならないというのがネックだが、せっかくだからなんとか工面したいと考えている。あと、経由の関係で本場英国にもよれたら寄りたい。
いよいよ旅の終盤。オーストラリアである。国をあげての大イベント「メルボルンカップ」が目的である。噂では、オーストラリアの競馬はレベルが?だというが、伝統あるレースだけに、その臨場感や空気を存分に体験したいところ。
そして最後はシンガポール。スケジュール通りに行けば年末あたりになるため、ビッグレースは開催されないが、美しい競馬場でナイト競馬が開かれる。僕はあまり夜の競馬に馴染みがないので、これはこれで楽しみである。

駆け足になってしまったが、これが今回の旅の大まかなルート。むろん、途中でどんなトラブルに巻き込まれるかわからない。金が底をついたら志半ばで強制送還という事態もあるだろう。まあそれも含めて、無謀な旅の楽しみということで。
スポンサーサイト
// 06:01 // 日記 // Trackback(0) // Comment(4)
<<ガイド的な・・・ | ホーム | かくも怪しい競馬番組>>
コメント
 
はじめまして・・
せっかくオーストラリアまで競馬を見にこられるのでしたら、ニュージーランドも覗いていってくださいな。
日本ダービー馬のジャングルポケットもいますよ!

http://www.richhillstud.co.nz/index.asp?pageID=2145828376

国民的アイドルホースのオグリキャップを破ったホーリックスはニュージーランド産馬ですし・・古すぎますが。

近年、オーストラリアで乗ってる日本人ジョッキーが増えて、JRAのヒヨっ子新人よりも巧いのが結構いますよ。
メルボルンだけでなく、アデレード、タスマニア、ゴールドコーストの競馬場も必見です。
競馬を知っている人は、メルボルンカップよりも先に行われるG1・コーフィルドカップを重視しています。
去年のメルボルンカップディの場内はビックリする位に日本人客が多かったですよ。

http://www.ellerslie.co.nz/index.cfm
// 2006.03.31 // 21:42 // URL // おやじ // edit //
 
>おやじさん
コメントありがとうございます。
ニュージーランドにご在住なんですね?
カフェを経営されているとか?(ホームページ拝見しました)
ニュージーランドもぜひ行ってみたい国です。
ジャングルが繁用されているんですか。シャトルかなぁ。
旅の最後は資金との相談になりそうなので(笑)、オーストラリア以降はどんなルートになるか未定ですが、可能ならばぜひともニュージーランドにも上陸してみたいと思います。
メルボルン前のコーフィールドCは、10月21日ですよね?日程的に行けそうなので、そちらは見に行こうと思います。
なにぶん右も左もわからない海外旅行なので、いろいろアドバイス助かります。
今後もよろしくお願いいたします。
// 2006.04.03 // 15:37 // URL // タカアキ // edit //
 
初めまして。

世界一周堂のサイトから、こちらのブログを拝見しました。

世界一周で競馬場巡り・・・しかもかなり長期間のご旅行のようで、とても壮大ですね。

サンタアニタ競馬場は、私も行ったことがあります。2003年のサンタアニタHの日でした。行った当時は、あのパドックの中央の銅像が何の馬か分からなかったのですが、最近になって、「シービスケット」だと分かりました・・・。アメリカの競馬場は、非開催見学を含めて、6ヶ所行きましたが、開催していた競馬場の中では、サンタアニタが最もいい印象です。

世界一周されるなら、英国の競馬場は、外せないと思いますが・・・、やはり入場料が結構ボッタくりますし、英国自体、物価が高いですからね・・・。

メルボルンカップが開催されるフレミントン競馬場は、かつて、初めての海外旅行で行きましたが、すばらしい競馬場です。この後、いろんな海外競馬場へ足を運びましたが、今でも、最もすばらしい競馬場だと思っています。

私は、この夏は、ベルモント・モンマス・アーリントン辺りへ行きたいですが、2005年のGWに、チョットしか行けなかった英仏の競馬場もまた惹かれていて、特にオートウィユなどの、障害専用競馬場で1日中障害レースを観てみたく、2005年のGWと同様、UAで米経由英仏往復などを考えています。

これからの旅行記、楽しみにしています。どうか道中、お気をつけて!。
// 2006.04.19 // 01:31 // URL // s_grade // edit //
 
>s_gradeさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
英国競馬も、タイミング的に、もしかしたら、ゴールドカップが見られるかも・・・という予定であります。考えてみれば、競馬世界一周で英国を外すとなると、本末転倒な気がしまして、急遽組み込んだ始末(米~欧州が英国経由だったこともありw)。できれば行ってみたいですが・・・。
結構、海外競馬を見に行ってらっしゃるようで。(ホームページ拝見しました)
一度に行くのもそれはそれで良いですが、毎年いろいろと廻るというのもまた楽しいことでしょう。
もし今年も海外競馬の旅に出られるのなら、どこかの競馬場でバッタリ・・・なんてこともあるのでしょうか?その時は、不慣れな素人に手引きのほどをよろしくです。

PS
一日中障害レースを見る・・・そのプラン、最高です。いつか僕も実現したい。。。
// 2006.04.19 // 10:54 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。