スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 All about Greece Horse Racing.
2006.07.05(Wed)
行くと意気込んだものの、ギリシャの競馬についてはハンガリー以上に何も知らない。持参ガイドにギリシャ競馬について載ってはいるもの、わずか1ページ半(掲載国中で最も少ない)。それもまた、果たして現在でも生きている情報なのかも解らない。
取りあえず、手元にある情報をまとめてみる。
1.競馬場
アテネ市街南西の海岸線に沿って、FALIRON競馬場がある(となっている)。市街からピレウス港行きのバスに乗って行けるようだ。

2.開催
シーズンは4月~11月で、月・水・金曜の週3日開催。大きなレース(とは一体どんなレースなのか?)は日曜日に開催することもあるそうだ。

3.馬券
ギリシャの馬券は6種類。
ΓΚΑΝΙΑΝ (ガニアン)/単勝
ΠΛΑΣΕ (プラセ)/複勝
ΦΟΡΚΑΣΤ (フォルカスト)/馬単
ΔΙΔΥΜΟΝ (ディディモン)/馬連
ΣΥΝΘΕΤΟΥ (シンセトウ)/重勝式
ΣΥΝΘΕΤΟ ΔΙΔΥΜΟ (シンセトディディモ)/二重連複

註)二重連複は、指定された2レースの馬連を当てる馬券。重勝式と二重連複は、最初のレースの馬券を当てた人だけが、2つ目の馬券を買える。

4.サイト
ネットで探して、ギリシャ競馬関係のサイトをいくつか見つけた。無論ギリシャ語。解読できず。
ギリシャ競馬協会
ギリシャジョッキーズクラブ
ギリシャ競馬ニュース

以上が現状で解ったギリシャ競馬についてである。案外、行けばなんとかなるかも…と淡い期待を抱きつつ、残り1週間でもう少し調査しようと思います。
スポンサーサイト
// 18:22 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(7)
<<迷走。 | ホーム | 家族会議。>>
コメント
 
次はギリシャですか。
私も以前アテネに行った時たまたま競馬をやっていたので観戦してきました。

エーゲ海クルーズに参加するのにアテネ市街のホテルからピレウス港へ行く途中の送迎バスの中から競馬場を発見、港についてガイドさんに聞いたのですがいつ競馬をやるかは分からない(この時期はやっていないのではにか)とのことでしたので諦めていましたが、港から帰りのバスからナイター競馬をやっているのが見えたので、ホテル着いて慌ててピレウス行きのバスに乗り競馬場に引き返しました。

しかし乗ったのは港行きのバスでなく、ピレウス市街行きのバスだったので降りた所から競馬場まではかなり距離があり、また通行人に聞いても英語も通じず、ホースとかレースといっても殆どの人が理解不能でなかなか競馬場にたどり着けませんでした。たまたまラテン語で競馬場を「ヒポドローモ」というのを思い出して連発したら、やっと通じて行き方を教えて貰えました。
でも着いた時には最終Rの1つ前のレースが丁度終わったところでした。
(ヒポ=馬、ドローモ=レース場(サーキット))

まさか競馬場があるとは思っていなかったので全く調べていかなかったので大苦戦しました。
馬券の種類さえ分からず、ターフビジョンもないので海外で馬券を買う時の鉄則、目立つ馬の単勝で勝負しましたが当然外れました。

ハンガリーで大分苦戦されているようですが引続きギリシアでの健闘を期待しています。

pom
// 2006.07.07 // 17:23 // URL // pom // edit //
 
ギリシャ競馬に行ったことがあるんですか?
持参ガイドではアテネに一箇所と書いてあったのですが、なんせ古い情報でして、果たして今もあるのか不安だったところでした。
pomさんの行った感じですと、多分、あのガイドどおりの場所にありそうですね。

競馬場はラテン語で「ヒポドローモ」ですか。覚えておきます。多分僕も、迷ったこの言葉を連発するでしょうw
// 2006.07.08 // 18:30 // URL // タカアキ // edit //
 
私がギリシャに行ったのは1999年、エルコンドルパサーが凱旋門で2着した年でした。

たかあきさんの持参しているガイドの発行される前だと思います。
(但し本の方が新しいでしょうが、著者の渡辺氏がピレウス競馬場にへ行ったのはいつかは分かりません)
pom
// 2006.07.09 // 23:46 // URL // pom // edit //
 
ピレウス競馬場?ガイドではアテネの競馬場はファロリン競馬場となっておりました。二つあるということでしょうか。。。
アテネ行きは、ちょっと先、、、とは言っても2週間か3週間後になる予定なので、それまでにもう少し情報を集めたいと思います。
ありがとうございます。
とりあえず今は、オーストリア・ウィーンの競馬場情報を模索しなければ!!
// 2006.07.12 // 08:45 // URL // タカアキ // edit //
 
混乱させてすいません
ピレウス競馬場とファリロン競馬場は同一です。

ピレウスは競馬場がある市の名前、ファリロンは地域(海岸)の名前のようです。
日本で言うと東京競馬場を府中競馬場、京都を淀競馬場阪神を仁川競馬場という人もいるのと同じようなものでしょう。

競馬場の名称は複数ある場合があり(正式名称と愛称など)、海外競馬について調べる時、情報が少ない国ほど混乱招きます。

3年前ニュージーランドの競馬について調べている時、情報の誤りもあり、それが同一競馬場なのか2つあるのか、それとも間違っているのか非常に苦労しました。(現在でもはっきりと分かっていません)

ちなみに調べた所アテネには2つ競馬場があるようです。
もう1つはアテネ五輪で馬術競技を行ったマルコポーロ競馬場というアテネの東南の方角にあるようです。

http://www.eijournal.com/Athens_Venue.asp

上の写真はアテネ五輪の会場の航空写真です。
でファリロンはVENUE5、マルコポール競馬場はVENUE11にあるようです。

// 2006.07.14 // 11:39 // URL // // edit //
 
ごめんなさい。
アテネの競馬場は1つでした。
ピレウス競馬場は2003年に閉場したようです。

航空写真でピレウス港近辺を探してみたのですが競馬場らしきものはないので「もしや」と思ったら案の定なくていました。
2004年のアテネ五輪に備えたのでしょうね。
確かに「前の競馬場でオリンピック開催って言んはねぇ」って感じでしたから。

http://blogs.dion.ne.jp/luckyboy/
// 2006.07.14 // 12:42 // URL // pom // edit //
 
>pomさん
ピレウス=ファリロン…了解です。ありがとうございます。
しかし、潰れているとは!ホント、東欧~中欧の競馬場は軒並みメイン競馬場が潰れていますね。
しかし、アテネの航空写真、ありがとうございます。ホームページとこの航空写真を元に、アテネの競馬も何とかなりそうです。頑張ります。
// 2006.07.15 // 05:20 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。