スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 84th MAGYAR DERBY Report.
2006.07.03(Mon)
本日のメイン、第84回マジャル・ダービー。芝2,400m、出走は2頭回避して20頭。牝馬も参加する、まさに「ハンガリーの三歳馬」の頂点を決める一戦となった。
出馬表は以下の通り。
 
見づらいがご勘弁ください。なお、気づいたかもしれませんが馬順はアルファベット順という適当さ。ちなみに、その他のレースは、斤量の重い順に1から掲載されている。アバウトというか合理的というか。
一番人気は15番のThunder Groomという馬。メリンダ女史の話によると、オーストリアダービーの勝ち馬ということだったが、レープロを見てもどれがその表記なのか理解できず。予想しようがないので、このThunder Groomという馬を本命にした馬券を少々遊びで買った。

  
ダービー出走馬の返し馬。一番左の馬がThunder Groomである。


写真の使い回しで申し訳ないが、いよいよ枠入りスタート。20頭だけに時間がかかる。ま、他のレースでも定刻通りに発走したレースは一回もなかったが。

 
道中の写真は割愛(取り損ねばかり)し、いきなり最後の直線。真ん中の白帽子がThunder Groom。一頭脚色が違った。興奮しすぎて、ぶれまくりの構図メチャメチャのフィニッシュの瞬間。馬を撮ったのかカメラマンを撮ったのか解らない1枚。

  
観客に手を振るThunder Groom騎乗のJaroslav Linek騎手。彼がハンガリー競馬においてどういう位置づけの騎手なのかは不明。マントをかけられてThunder Groomも気分は上々か。

芝2.400mで、タイムは2:29.6。レース直前に雨が降ったとはいえ、これはかなり遅い。欧州は総じてタイムは実力に比例しないものだが、レースを見たかぎりレベルは高くないだろう。Thunder Groomはドイツ馬だが、自国のドイツダービーにでも出てくれればレベルが測れるのだが。参考までに、全着順を紹介する。


あと、読む気概のある人のために、公式HPに出ていたダービーの記事も。


ちなみに、馬券は1、3着で惜しくも外れた(とは言え1番人気から3番人気馬へだが)。

ハンガリー競馬に思う。
果たしてハンガリー競馬、そしてのそのダービーがどんな物なのかに注目していたが、僕が今まで見てきた競馬場の中でも「異質」である。アメリカ的なお祭り的ノリがあるわけでなく、かといって英国風の社交界然としたムードというわけでもない。また、日本のようにただ「人が集まる」といった雰囲気でもない。改装されたばかりということもあるのかもしれないが、「競馬場にいる感じがしない」というのは嫁の感想。確かに、馬券に陶酔するオジさんもいなかった。メリンダ女史は取材と称して色々な人に話を聞いていたが(予想含めて)、みんな気軽にアレコレ語ってくれた。一度話し出すと止まらない。アットホームというと単純だが、ギスギスした感じも、権威の臭いもない。はじめて来たのに、「帰る場所」「帰りたい場所」のような競馬場だった。
だから、僕はもう一度キンツェムパーク競馬場に行きたいと思った。居心地の良さは保証できる。予想は確実に当たらないが。
kincesmzou.jpg
再びキンツェム像。再会を約束して、競馬場を後にした。
スポンサーサイト
// 22:52 // ハンガリー競馬 // Trackback(0) // Comment(4)
<<日本少年追跡ルポ。 | ホーム | 馬券を買おう!>>
コメント
 
ヨーロッパやオーストラリアでは、馬番は斤量順で同斤量ならアルファベット順ってのが一般的だと思います。出走馬確定の時点で馬番は既に決定していて、その後枠順が決まるので、偶然同じ番号をひかない限り馬番と枠番は一致しません。
あと、ターンのあるレースでは内ラチ沿いが1枠、直線のみのレースでは外ラチ沿いが1枠だったっけ。

マジャルダービー、第84回って日本ダービーより歴史があるのね・・・。

アイルランドのカラ競馬場でマジャルダービーの裏番組を見てきました。
オーストリアダービー馬Thunder Groomがマジャルダービーに出走したように、裏番組にもダービー二冠を狙ってフランスダービー馬Darsiとイタリアダービー馬Gentlewaveが出走しました。
結果は、Darsiが5着でGentlewaveが2着。
両馬とも二冠ならずってことで、知ってる限りではThunder Groomが今年のヨーロッパで唯一のダービー二冠馬です。
勝ったのはイギリスダービー3着のDylan Thomas。Thunder Groom同様、こいつも一頭脚色が違いました。恐ろしい切れ味。凱旋門賞の前売りで4番人気になりました。現時点では西欧3歳最強馬だと思います。東欧3歳最強馬Thunder Groomとの頂上決戦が楽しみです、ってまとめ方でいいのか???

タカアキ様注目のウルグアイ三冠馬Invasorがまた勝ちました。UAEダービー以外は負けなし。ブリーダーズカップクラシックの前売りで2番人気に浮上です。

アスコットで世界の脚を見せてくれたOuija Board女史は今週末のEclipse StakesでDavid Juniorを抑えて1番人気のようです。
// 2006.07.07 // 01:12 // URL // p4p. // edit //
 
>p4p.さん

欧州が日本と違う馬順と言う話は聞いていたのですが、まさかアルファベット順だとは思いませんでした。まあ無意味な馬順のためにわざわざ抽選するはずもないことは、ちょっと想像すればわかりそうなものですが。
ハンガリーが内外の有利不利があるかわかりませんが、ダービーに出ていた牝馬2頭は強制的に外枠に飛ばされていました。

第84回・・・言われてみればそうですね(汗)日本はまだ73回くらいでしょうか。たしか2003年で70回だったと思うのですが。
マジャルダービーと愛ダービーはちょうど裏開催どうしでしたか。愛ダービーのように世界的な中継こそありませんが、多分地元のTVクルーは結構来ていました。

THUNDER GROOMダービー二冠
ただ、オーストリアダービーに出たという情報も聞き取れなマジャル語をあいまいに聞いていたので、定かではありません。わざわざ嘘をつかれるとも思えないので、まあ事実なのだろうとは思うのですが。
と思い、オーストリアダービーとネットで検索したところ、全然違う馬が優勝していましたw(イタリア調教のモンジュー仔らしいです)
もしかしたら、オーストリアの何か重賞を勝っただけということだったのかもしれません。ご迷惑をおかけしました。
ということで、今期はダービー二冠馬は存在せず・・・・ということになりそうです。

もし、バーバロが走れていたら・・・・世界のダービー馬だけを集めて、ダービー最強決定戦みたいなものをやってもらいたかったなぁ。まあおよそ無理な願望ですが。
いつの日か、THUNDER GROOMとDylan Thomasによる欧州統一戦を夢見つつ。

Invasorは北米で二連勝ですか。いやはや本物ですね。となると、ディスクリートキャットは一体どのレベルなんだ???
南米は経済が不安定でコンスタントに強い馬は出てこないかもしれませんが、土壌はあるわけだし、過去には世界的に強い馬も存在したわけで。
どこ?と思うような国から化け物が突如として現れる・・・これもまた競馬の醍醐味です。

ウィジャボードは凱旋門には出ないのでしたっけ?どうせならば、次のエクリプスも勝って凱旋門でディープとDylan Thomas、そしてTHUNDER GROOMと対戦してもらいたい!そうならば、借金してでも凱旋門に行くのに!!!
// 2006.07.08 // 19:12 // URL // Takaaki // edit //
 
最近の馬で思いつくだけでもPico Central、Leroidesanimaux、Invasor。
南米産馬は侮れません。

エクリプス、Ouija Boardは不利が重なったとかなんとかで5着。
David Juniorが勝ちました。

愛ダービーは、英ダービー組が1、3、4着で、伊ダービー馬が2着。
仏ダービー組はちょっとレベルが落ちるかなって感じでした。
その仏ダービーで7着だった仏2000ギニー馬Aussie Rulesがエクリプスで4着。
ダートでは、InvasorをぶっちぎったDiscreet Cat。
今年は3歳が強いかな。
斤量も有利で、凱旋門賞は3歳が上位独占かも。
// 2006.07.09 // 14:21 // URL // p4p. // edit //
 
南米産馬では、Candy Rideなんて馬もいましたよね。
過去にはフォルリ(相当に古い)なども。。。
本当は、この旅で南米も回りたかったのですが、資金と身の安全を考えて断念した経緯があります。
いつかは南米競馬も!と思う今日この頃。

凱旋門賞は最近は三歳馬が強い傾向ですもんね。欧州の酷量は、深い馬場では相当に堪えるということでしょうか。
ハリケーンランの故障はあれど、ディープの凱旋門プランはどうなることやら。。。
// 2006.07.12 // 08:42 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。