スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 BUDAPEST入り。
2006.06.27(Tue)
三か国目ハンガリーの首都、BUDAPESTに入る。初の英語圏外の国。不安もあるが、やはり未知の物に出会うであろう期待の方が大きい。空港で1萬円分をハンガリー通貨のフォリント(ft)に両替。18,000フォリントをゲットし、ホテルに向かう。

紙幣/上から20000ft(約11111円)、1000ft(約555円)、500ft(約277円)、200ft(約111円)、硬貨/上から100ft(約55円)、50ft(約27円)、20ft(約11円)、10ft(約5.55円)、5ft(約2.77777円)、1ft(約0.55555円)
第一の感想は「暑い!」である。一歩空港を出ると、ジワッと汗がにじんできた。20kg近くある巨大リュックのせいもあり、立っているだけで体力が奪われる。チェックインは16時だったが、たまらずにホテルに向かった。エアポートバスと言う、いわば「相乗りシャトル」で行こうとチケットカウンターに行くと、その場所ならタクシーでもsame priceだと言われたので、タクシー乗り場へ。無事にタクシーに乗り、ぼったくられることなくホステルの最寄り駅に到着。何度か日本人客を乗せた事があるのだろうか、ドライバーは「コンニチハ」「アリガトウ」を連呼していた。しばし駅前をウロウロしたのち、ホテルでチェックイン。やっと着いたと思ったら、どうやらネット上に記載されていた住所はホテルの事務所だけだったらしく、そこから再び歩いて部屋へ。部屋とホテル(と呼べるのかどうか)に関しての摩訶不思議体験は後々に触れるとして、またやってしまった。リュックを整理しようと持ち上げると、
「ガチャガチャ」
と妙な音がした。NYで買ったコップが割れたのかと思ったが、音が鳴るのは別の小さなポケットから。何を入れたのか思い出し、ゾッとした。鼻を近づけるとフワッといい香り。シャンプーじゃありませんよ。今度はインスタントコーヒーです。見事に瓶が粉々になり、ポケット中にコーヒーが大散乱。

シャンプーほどの大打撃ではなかったが、粉を落としてもベトベトが取れず結局バッグを洗うハメに。猛烈な日差しがふりそそぐ窓辺に干したら30分で乾いた。暑さに思わぬところで救われた。
新しい町、新しい出会い、新しい競馬の前にまたしても躓いてしまったが、出遅れはもうお手の物。ハンガリーの旅はまだ最初の直線。取り戻すチャンスはこれからいくらでもある。ロンドンでは追い込めずに惨敗したが、今度は見事に差し切りたいものだ。
スポンサーサイト
// 03:06 // 日記 // Trackback(0) // Comment(3)
<<完全放置ホステル。 | ホーム | 英国競馬総括。>>
コメント
 
こんにちは。
コメントこっちに書きにきました。
リンクも貼らせてもらいました。
何をされているか、いくつか内容を見てわかりました。
楽しそうですねぇ~。
しかし、英語圏以外に行くのは非常に勇気がいりますね。
私なら、英語が通じないなら、もーどーにもならないかもしれません。
競馬や乗馬の事はあまりわかりませんが、気をつけて旅を続けてください。
// 2006.06.27 // 19:25 // URL // kenken // edit //
 
折角イギリスに行ってロイヤルアスコットに行ったのが1日だけとは、なんか勿体無いですね。
(ご本人が一番残念に思っているでしょうから言わずもがなでしょうが)
イギリスの物価の高さは私も経験済みだったので早めにお知らせしたかったのですが、ちょっと多忙な時期だったのであまり書き込みにこれませんでした。どうもすいません。
(奥さんのブログに書きましたが、憧れだったロンドン勤務が絶対に行きたくない場所に変わりました。)

さて、いよいよ中欧(旧東欧)に突入しましたね。
これからのご予定はどんな感じなのでしょうか。
中欧の競馬は日本語での情報が殆ど手に入らず、現地語の情報では全く役に立たず私もいろいろ知りたいことを調べられないで困っている状況です。

キンツェム競馬場やイブリッチドルフ競馬場(オーストリア、2004年よりフロイデナウに取って代わったらしいです)の開催スケジュールなどの情報は手に入らなかったので、今後のご予定や現地競馬の詳しい情報のレポートを楽しみにしています。

なお、ドイツの競馬については(もしかしたら中欧の競馬についても)、私が以前ドイツに行った時にお世話になった(ケルンでお会いした)masaさん、堺一馬さん、gonさんの3人の共同掲示板で情報を得られるかも知れません。
現在は4月下旬以降書き込みがなくなり、アダルトの宣伝書き込みばかりになっているので休眠状態かもしれませんが、堺一馬さんはブログをやっているようなのでよろしければ見に行ってみてください。
http://proudwings.air-nifty.com/seniten/

pom

// 2006.06.28 // 13:37 // URL // // edit //
 
>pomさん
返答、順序が逆になってしまいました。
英国に関しては、もはや無謀のひと言でした。
当初の予定では、英国は乗り継ぎだけで滞在しないつもりだったのですが、世界の競馬巡りなのにイギリス行かないの?という声が聞こえてきて、急遽組み込んだ経緯があります。物価の高さは知っていましたが、来てみて改めてその高さに辟易した感じでしょうか。

今後のルートは一応、ハンガリー→オーストリア→ドイツ→フランスと巡る予定ではありますが、もしかしたらギリシャやその他の地域にも足を伸ばすかも、です。すべて資金次第なのですが、多分欧州を一周するチャンスなどこれからの人生でないでしょうから、思い切って行こうかなぁと。

ドイツ競馬情報のブログ、見てみます。ありがとうございます。
// 2006.06.29 // 07:48 // URL // タカアキ // edit //
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。