スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 ゴールに嫌われたMavs。
2006.06.18(Sun)
NBAファイナル2006第4戦。シリーズを2勝1敗とリードしているMAVSが王手をかけるか。第3ゲームで接戦を制したHEATが再びシリーズをタイに戻すか。残りのラウンドを占う意味でも重要な一戦である。
ゲームを見ていないのでなんとも言えないが、とにかくHEATの2大巨頭WadeとSHAQが爆発した模様。2人で怒濤の53得点をあげ、大量24点差で圧勝した。これでシリーズは2勝2敗。
ここに来て、MAVSが急に失速しはじめた。頼れるゲルマン、ノビツキーが沈黙の16得点(うちフリースローが12点だったかな)。しかも、勝負の第4Qはチーム得点がたった7点に抑えらるという体たらく。これはNBAファイナルのワースト記録だそう。いくらアウェーだとはいえ、この負け方は痛過ぎる。しかも第5ゲームはもう一度HEATのホーム、MIAMI。3連勝を食らおうものならば、第6戦でDallasに戻っても厳しいゲームになることは必至。何も賭けちゃいないが、Dallasに一票を投じている身としてはこのままズルズルは面白くない。このシリーズを物にするには、なんとしてもチェックメイトした状態でホームに戻る必要がある。次は絶対に負けられない。カンファレンスを制した最強のハーフコートバスケをもう一度徹底し、チームを立て直してほしいものだ。



PS
あのマイケル・ジョーダンが、シャーロット・ボブキャッツの経営陣に参加することが決定したそうだ。さすがにもう復帰、なんてことはないだろうけど、バスケにかかわってくれるというのは一ファンとしては嬉しいかぎりである。監督になってくれないだろうか。多分、ならないだろうな。はぁ。
スポンサーサイト
// 09:05 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
<<王手? | ホーム | サッカーW杯Hendon Park大会。>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。