スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 自由に向かって奔れ。 ~NY散歩その2~
2006.06.10(Sat)
6月9日金曜日。2日ぶりの快晴。当初の予定通り、マンハッタン島の最南端まで行く。
朝10時、ホステルを発ち最寄りの地下鉄駅まで歩く。週末のせいか、天気のおかげか、心なし街の人たちも陽気である。どこからかリズミカルな音楽も聞こえて来た。

僕たちもなんとなくウキウキしていた。ところが、そんな気持ちに水を差す出来事が、わずか1分後にやってきた。それは地下鉄の駅改札でのことである。1 Dya Pss($7)を買おうと券売機に$20紙幣を挿入。すると「maximum charge is $6」というアラート。「最大$6しか釣りがないってことか?」と嫁と2人怪訝な顔を見合わせた。ならばDay passを2枚一度に買えば$14でちょうどお釣りは$6。しかし、何度やっても紙幣が出てきてしまい買えない。イライラがつのる。しかたなく、駅員のいるカウンターへ。「1 Dya pass,two please.」と言うと、券売機を指差して、「あそこで買え」というジェスチャ。$20紙幣を見せて「No use!」と言うと、ハァとため息まじりに机の上の$20紙幣を見せて、「こっちも$20しかないんだよ」という顔。!!!!なんたる怠慢。いい加減っぷり爆発。俺らにDay Pass売りたくないのか? 券売機の前でウロウロしていたが一向に状況は改善されず、やむなく$20分のメトロカード(オレンジカード、パスネットみたいなもの)を購入。$4分のサービスもつくし、明日も明後日も使うのでいいか、と自分に言い聞かせた。

地下鉄に揺られること30分。アッと言うまにマンハッタン島最南端に到着。目的はもちろん「Statue of Liberty」、自由の女神である。
こちらに来てはじめて知ったのだが、自由の女神はマンハッタン島からフェリーに乗って行くリバティ島という場所にある。当然フェリーに乗るには金がかかる。乗るかどうかは現地に行ってから決めることにした。もしかしたらマンハッタンから女神像が見えるかもしれないからである。見えたらフェリーに乗るまでもないだろうと思っていた。
地上に出ると、いきなり人の行列が目に飛び込んで来た。アメリカに来て行列などほとんど見た事がなかったので、何だろうと思ったがすぐに謎は解けた。みな、フェリーに乗るために並んでいたのである。
取りあえず島の先端まで歩いた。すると嫁が
「あ、見えた!」
と叫んだ。そう。フェリーでリバティ島まで行かなくても自由の女神を拝むことができたのだ。浮かれ気分で写真を撮りまくった。その1枚がプロフィール用にあげている写真。

遥か前方に見える自由の女神を無理矢理激写した。やはり、ぼやけたなぁ。


リバティ島へと向かうフェリー。構図的に「自由に向かう」みたいでいい感じだと自負。

 
道ばたには路上パフォーマがたくさんいた。左のおっさんはスチールドラマー。いきなり「Where are you from?」と聞いて来たので「Japan」と答えると坂本九の「上を向いて歩こう(英名SUKIYAKI)」を演奏してくれた。

やっとNYらしい記事があげられたなぁ。次回Lower Manhattan篇に続く。
スポンサーサイト
// 10:47 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
<<マンハッタンを北上せよ。 ~NY散歩その3~ | ホーム | 快挙。>>
コメント
 コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

 トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。