スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 シンガポール・スコール。
2006.08.30(Wed)
更新が遅れまくりですが、すでにシンガポールに入った。
...more
スポンサーサイト
// 15:46 // 日記 // Trackback(0) // Comment(4)
 南半球。
2006.08.26(Sat)
人生初の南半球。
...more
// 17:14 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 ちょっとフランス。
2006.08.25(Fri)
パリ最終日。
...more
// 21:45 // 日記 // Trackback(0) // Comment(12)
 ときには馬券オヤジのように。
2006.08.23(Wed)
PALIS TURFに目を通していると、ある競馬場の開催に目が止まった。
...more
// 18:38 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 カフェ競馬2。
2006.08.23(Wed)
レースにも行けない。PMUでも馬券が買えない。僕のフランス競馬は八方塞がりだった。
...more
// 18:34 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 Gift for Deep Impact.
2006.08.22(Tue)
この項を、ディープインパクトに捧ぐ。
...more
// 21:01 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(2)
 カフェ競馬。
2006.08.22(Tue)
「フランスの競馬はカフェでやる」と、言われているそうだ。
...more
// 21:00 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 僕の失敗。
2006.08.20(Sun)
本来ならば、今日はパリ郊外にあるドーヴィル競馬場へと行くつもりだった。
...more
// 20:56 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 狐につままれる。
2006.08.20(Sun)
パリのホステルの続報。
...more
// 19:56 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 パリ、無情
2006.08.19(Sat)
花の都、パリ。
...more
// 17:46 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 涙のハンブルグ。
2006.08.19(Sat)
ウィーン~ロンドンと乗り継いで、ハンブルグに着いたのが8月17日の夜11時過ぎ。
...more
// 17:45 // 日記 // Trackback(0) // Comment(2)
 これから。
2006.08.17(Thu)
行ったり来たりを繰り返しながら、足掛け3週間ほど滞在したブダペストともお別れ。

よく言えば“英気を養っていた”、悪く言えば“何もしなかった”ブダペストのラスト1週間。やっと足踏みから一歩踏み出す事ができる。これからは猛烈な勢いで、僕らの旅は回天していく。この記事をUPできるのが多分フランスに入ってから(8/19)になると思うので後出しになってしまうが、ブダペスト以降の日程を紹介する。

8月16日、バスにてウィーンへ移動(3時間半)。ウィーンのホステルに一泊。
8月17日、ウィーン国際空港からドイツのハンブルグへフライト。22時着。そのまま空港で夜を明かす。
8月18日、バスにてハンブルグからパリへ移動(11時間少々)。バス内で夜を明かす。
8月19日、朝7時パリ到着。ホステルへ移動。
8月20日、パリ・ドーヴィル競馬場へ出陣。



8月24日、飛行機にてパリからオーストラリア・シドニーへ移動。
8月25日、シドニー着。
8月27日、飛行機にてシドニーからメルボルンへ移動。
8月29日、飛行機にてメルボルンからシンガポールへ移動。
9月1日、シンガポール競馬。
9月4日、帰国。


わずか2週間あまりで、日本を含めて7カ国をまわるという強行日程である。ハンガリーでダラダラと過ごしたつけを一気に払う感じだが、すべては自分たちの甘さが招いた結果なので仕方がない。
ドイツ競馬も、凱旋門賞も、コックスプレート&メルボルンCも見ることができなくなったが、それはまたいつの日かの楽しみにとっておこう。
// 19:01 // 日記 // Trackback(0) // Comment(7)
 凱旋門は遠くなりにけり。
2006.08.12(Sat)
ディープインパクトが、無事にフランス入りをした。
...more
// 19:41 // フランス競馬 // Trackback(0) // Comment(2)
 寂しい夜。
2006.08.11(Fri)
一週間ぶりのブダペストは、思いのほか寒かった。
...more
// 18:00 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 仏の顔も三度までor三度目の正直。
2006.08.09(Wed)
ブダペスト3回目。
...more
// 21:41 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 アテネ観光~上級編~
2006.08.06(Sun)
アテネ滞在最終日。
...more
// 01:22 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 ガイドには載らないアテネ事情。
2006.08.05(Sat)
別に有益な情報ではない。
...more
// 03:32 // 日記 // Trackback(0) // Comment(4)
 アテネ観光~中級編~
2006.08.05(Sat)
アテネといったら「古代遺跡」。
...more
// 03:31 // 日記 // Trackback(0) // Comment(6)
 ウィーン行進曲、再び。
2006.08.04(Fri)
前回のウィーン競馬は、辿り着く事すらできずに惨敗だった。
...more
// 04:39 // オーストリア競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 陽はまた昇り、繰り返す。
2006.08.04(Fri)
2.5ユーロの馬券を握りしめ、ついにギリシャ競馬を生観戦。
...more
// 04:20 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 暗号文。
2006.08.04(Fri)
この競馬放浪の旅、何よりのお土産は各国のレーシングプログラムか競馬新聞である。
...more
// 04:18 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 Markopoulo写真館。
2006.08.03(Thu)
結局、競馬場に着いた時は17時半を少し回ったところだった。
...more
// 22:43 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 アテネの小さな神様。
2006.08.03(Thu)
バスは、僕らを降ろしてとっとと走り去ってしまった。
...more
// 22:39 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 バスパニック。
2006.08.03(Thu)
8月2日、11:00am。
...more
// 22:32 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 宝の地図を手に入れろ。
2006.08.03(Thu)
8月2日にギリシャ競馬の開催があることは判明した。
...more
// 22:30 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(0)
 ギリシャ競馬の長い1日。
2006.08.03(Thu)
情報なし。土地勘なし。お金なし。

そんな八方塞がりの状況で、執念だけでギリシャの競馬を探した8月2日。何度、「もう諦めて帰るか」と弱い自分が囁いたことか。そのたびに、「ウィーンの二の舞だけは駄目だ」と自分にムチ打ちながら、40℃近い炎天下の中を彷徨い続けた。
そして、出発してから6時間半後。ついにギリシャの競馬場に辿り着いたのです。さすがに疲れた。着いても競馬どころの騒ぎではなく、ただただ辿り着けた感動に浸っていた。

そんな血と汗の結晶である「ギリシャ競馬レポート」。出し惜しみするわけではないが、さすがに今日は疲れすぎました。じっくり寝て、明日UPしようと思います。それではしばしお待ちください。

// 06:14 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(4)
 ギリシャ競馬 on TV。
2006.08.01(Tue)
アテネ観光初日を終え、帰宅。
...more
// 17:14 // ギリシャ競馬 // Trackback(0) // Comment(2)
 アテネ観光~初級編~
2006.08.01(Tue)
長旅の疲れからか、昨夜は早々に眠りに落ちた。
...more
// 17:12 // 日記 // Trackback(0) // Comment(0)
 ギリシャ珈琲の謎。
2006.08.01(Tue)
僕はコーヒーをよく飲む。
...more
// 02:13 // 日記 // Trackback(0) // Comment(2)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。