スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
// --:-- // スポンサー広告
 セン馬の行進。
2006.05.13(Sat)
---------巨星堕つ。
香港競馬の英雄、Silent Witnessの没落の報を聞いた。デビュー以来世界レコードとなる17連勝を達成し、日本のスプリンータズSでもそのスピードを存分に発揮した近現代最速の短距離走者である。スプリンターズS以後に怪我をし、その回復が思う様にはかどらないらしい。今まで負けなしだったスプリント戦の連敗を含めて復帰後は4連敗。その絶対政権に陰りが見えて来たと言わざるを得ないだろう。
昨年、GWを利用してぶらりと香港競馬に行った。沙田競馬場で迎えてくれたのは、香港名「精英大師」と書かれたサイレントウィットネスの巨大壁画であった。場内のギフトショップにも同馬のグッズが売られ、さらにダウンタウンのブティックにまで関連グッズが並ぶほどの人気ぶり。香港から誕生した英雄の偉大さをはじめて実感したのである。
そのサイレントウィットネスが安田記念に来る、と決定したとき、僕は胸が踊った。香港旅行時は生でその奔りを見る事ができなかったサイレントウィットネスが眼前を奔るのである。1マイルへの適応や左回りの得手不得手など問題はあったが、僕は迷わずサイレントウィットネスに印を打ったのである。(結果は3着だった)
馬産がない香港の馬は、そのほとんどが去勢馬、いわゆるセン馬である。サイレントウィットネスもご多分に漏れず、すでに玉はない。去勢することの競走能力への影響は、まだまだ未知なるものがある。気性難の矯正だと言う人もあれば、奔りのバランスの補正だという話を聞いたこともある。また、未確認ながらレース後の回復力の向上という効果もあるそうだ。
ただ一つ言える事は、セン馬には競走馬の第二の争い「種付」がない(香港にはもともとないが)。言葉悪く言えば、引退してもやることがないわけだ。何十戦と奔る馬が多いのは、タフネスもあるだろうが、そうした利害関係が絡んでいるのではないか。競馬といえどもきれいごとではやっていけないのだ。
堕ちて行くサイレントウィットネスを見て「情けない」とは思わない。そこには、セン馬の宿命に追われ続ける一頭の馬の生き様がある。僕は(奔り続けろウィットネス)、と心の中で叫ばないではいられないのである。

安田記念出走時のサイレントウィットネス。
...more
スポンサーサイト
// 01:23 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(5)
 Hollywood Park競馬結果報告(4月29日-30日分)
2006.05.02(Tue)
前日の当たりに味をしめて、連勝を決めたいところ。ガツンと儲けて、ケンタッキーダービーの資金を稼ぎたいところ。…と調子をこいたのがよくなかった。買う馬券買う馬券ことごとく紙くずと化し、昨日の浮いた分があっという間に溶けてしまった。あまりに無惨だったため、詳細は省かせていただきます(笑)
記念に、ためしに買ったPICK 3の馬券画像をアップします。
クリックすると大きな画像
これはHollywood Park競馬場の2~4レースの勝ち馬を予想した馬券。2レースは9番か10番、3レースは4番、4レースは2番か9番の馬が来ると予想。結果は言わずもがな外れ。ちなみに正解は、10-1-8でPAYOFFは$195.4。当たれば、旅がグッと楽になったのに…。

4月29日分競馬収支
-$25
4月30日分競馬収支
-$10

4月総競馬収支
-$69.2
// 07:35 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(0)
 Hollywood Park競馬場結果報告(2日目)
2006.05.02(Tue)
1日おいて、二度目のHollywood Park競馬場である。この日はなんとナイター競馬の開催日で、Hollywood Parkでの競馬はpm7:00から。知らずに僕らは昼前に行き、入り口でゴッツイ警備員さんに、
「Today start at 7:00.OK?」と詰め寄られる。ここで尻込みしていたら成長がない!と思った僕は、
超適当な英語で、「Other race bet here?(他のレースはここでベットできるのか的なことを聞いたつもり)」で切り返す。すると、「Yeah! bet now.Good luck!」と笑顔で通してくれた。なんとかなるものだなぁ。
さすがに場内に人の気配は少ない。平日に、それもHollywood Parkでのレースが夜からということで、いるのはギャンブラー然としている人ばかり。僕らは空いている席を陣取り、さっそくレーシングプログラムを開き、予想に取りかかる。時間を見ると11:50。WOODBINE競馬場の5レースがもうすぐ発走だった。ササッとトータライザーを確認し、1番人気12番Pants N Kissesから馬単を2点勝負。4番Always Originalと9番Believer's Lucky(信じる者の幸運)へと流す。
直線。12番Pants N Kissesが抜け出す。9番Believer's Luckyが番手だ。3、4番手は離れている。これは届かない。そのままゴールして、見事的中!キタ━━━(゜∀゜≡(゜∀゜≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━━━!!!!!!!!!!


トータライザーを見ると、なんと$80の払い戻し!!!負け分を一気取り戻したと思ったのだが、それは$2を賭けていた場合のPAYOFF(なぜか$2で計算されていたのだ)実際は半分の$40PAYOFF。まあ当たったからよしとしよう。
それから何レースか負けて、今度はKEENLAD競馬場の5レース。例の10¢4連単が買えるレース。芝1マイル戦、7頭立て。BOX買いで勝負。単純計算で、4/7をピックアップできれば当たる算段。人気を加味しつつ、1番Ground Hero、2番Pulpit Talk、5番Karelian、7番Wilcox Ridgeを選ぶ。
道中は団子で進む。直線、選んだ4頭が集団になって抜け出した1、2、5、7(屮゜Д゜)屮カモン。。2-5-1-7の順でゴールして、生涯初のSUPERFECTAをGET!!!!$19.8の払い戻し。一応、万馬券である(掛け金が10¢故にこの小額払い戻し)


どうした俺!日本でも、1日2レースも当たったことなど、記憶にないぞ。俺の時代が来たか?(笑)この調子だ、俺。
またまた当たらないレースが続き、再びWOODBINE競馬。8レース。1 1/16マイル、ダート。11頭立て。3番The Niagara Queen、4番Bertrina、5番Pleasant Ameliaの馬単BOXを購入。すると、5番、4番の行った行ったで決着。3レース目の的中である。神が舞い降りた。


払い戻しは$18.2であった。安くても、いいよね。的中した喜びはPriceless。
外れた分とあわせても、+$20のプラス収支。米国競馬4日目にして、初の黒字であった。
// 03:13 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(2)
 Hollywood Park競馬場結果報告(1日目)
2006.04.30(Sun)
SUPERFECTA勝負
10¢馬券のカラクリが分かったところで、早速SUPERFECTA(4連単)馬券の予想に取り組んだ。1stレースは、KEENLAND競馬場の第4レース。芝1 1/16マイル、7頭立て。

純粋に4連単7頭BOXを組んだ場合、その数840点!!!とてもじゃないが買えない(当たり前だが)ということで、材料がないながらも絞って買う事にした。トータライザーの人気を見つつ、何となく4連単予想を組み立てた。

(参考までに、これがSUPERFECTA馬券である)
パッと目に付いた4番Erobererと名前が気に入った6番Foolish Cat(愚かな猫)を本線に、4-6-1-2、4-6-2-1、6-4-1-2、6-4-2-1、人気を気にして1を軸に加えた1-6-2-4、1-6-4-2、1-2-4-6、1-2-6-4と計8点を購入。Foolishが人気薄のため、くればそこそこの配当であった。が結果は、人気通りに1-7-3-4と入り(2、3着同着)で、4連単のPAYOFFは$12((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル。んな馬鹿な(実はそれでも120倍はある計算。安く遊べるが、これが10¢馬券の現実である)。ちなみに、期待したFoolish Catは行方不明。気を取り直してKEENLANDの5レース。ダート、1 1/16マイル、12頭立て。頭数がグッと多くなり予想は困難。こうなればさもしく、1番人気の11番Swept'EMを本命に、3番人気2番Kentucky Warriorを対抗にして勝負。この2頭を1、2着に固定し、3、4着に名前が面白い1番Han Solo(スターウォーズのあれか)、5番Finnegan's Lad、6番Crocodile Tearsの3頭をBOXで組んで多点買い。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる作戦だ。直線は燃えた、真っ白に。ゴールした瞬間、燃え尽きたよ真っ白に。最後の最後まで買っている馬が勝負圏内。柄にもなく、「Come!!」を連呼。しかし結果は2-5-6-11の順に入り消沈。はぁ、いっそBOXで買えばよかった、と後悔の念にかられる。6レース、7レース、8レースと似たようにSUPERFECTA勝負を挑むも敗れ続けた。4連単、その壁は予想以上に高かったのである。
(詳しいレース結果は、KEENLAND RACE TRACKをご覧ください。

4月26日分KEENLAND競馬収支
-8$

いざ尋常に!Hollywood Park競馬開幕

Hollywood Park競馬場のレープロ。表紙には何と、先日惜しまれつつターフを去ったシーザリオの勇姿が。日本人であることをちょっと誇った瞬間である。

時計の針は13時。いままで座り込んでいたオッサン連中が、突如起立しはじめた。(何事?)と思っていいぶかしんでいると、どこからともなく「星条旗は永遠に」の音楽が流れてきた。どうしていいか分からず、座り込んでいるのもあれなので、周りにあわせて立ち上がってみる。1分ほどすると曲が終わり、またみんな座り始めた。なんかアメリカって感じがした。
さて1レースは、いきなりSTAKSレース(ラッキー)。ダート1 1/16マイルの5頭立て。頭数も手頃だ。


しかし、さすがに5頭立てのレースでは4連単の発売がなく、何で勝負するかしばし思案。すると、とある単語が目に飛び込んで来た。「$2 Quinella」。これこそが、さんざん悩んで買えなかった懐かしの「馬番連勝複式」である。勉強した甲斐があったぁ。どうやら$2からしか買えないらしいが、5頭立てということで奮発した(たかだか$2で…)。3-4の馬連$2、2から3、4への馬単を$1ずつ購入して、人もまばらなゴール板前へ向かう。4番が優勝するも、3番は惜しくも3着で馬券は外れ。しかし、久しぶりの馬連とちょっと惜しかった馬券(まあ5頭立てなんすけど)に興奮した僕であった。
2レース。今度は8頭立て、ダート7ハロン戦。

今度は、すっかりおなじみに?なった10¢4連単が買えるレース。性懲りもなく4連単に挑む。人気の6番GOLD BANKERS GOLD(金綺羅金な名前だなぁ)を1着に、2、4、5、8を2~4に流したフォーメーション馬券で責め立てる。が、6番は見せ場もなく憤死。馬券もパァ。結果は5-4-3-7と入り、4連単のPAYOFFは59倍。くどいようだが、あくまで10¢の場合。2$計算ならば、PAYOFFは$1180ほどになる。
さあ次。8頭立てのダート1 1/16マイル。今度こそを期待してやけのぱっぱちのSUPERFECTA4頭BOX。

もはや予想はトータライザー頼みで、人気のある馬を買う他ない(汗)1、2、5、8番を選び、24点の大勝負
に出る。がしかし、まるでダメダメで結果は7-1-8-4で$35のPAYOFF。はぁ人気馬を選んでも当たらない。種銭が尽きかけて来たので、4レースを最後のレースと決めて、真剣にレープロとニラメッコに入る。

ダートの1700m、6頭立て。10¢4連単の発売はない。馬連で勝負である。1-2、3-4の馬連を$2ずつ購入し、レースを見守った。言うまでもなく馬券は紙くずと化した。はぁ、今日もマイナス収支かぁと落ち込んでいると、隣でユウが「あ、当たった」とぼやく。What? Realry? 聞くと、別会場のレースを買ったつもりが、Hollywood Parkの4レースを買っていたらしく、それが偶然にも当たりを引き込んだのである。

これが当たり馬券。
配当は安く、$13のBackだったが、なんとか二人共倒れは免れた。僕のリベンジは、次回に持ち越された。
ちなみに、レープロの中身はこんな感じ。


(詳しいレース結果は、Hollywood Park RACE TRACKをご覧ください。

4月26日分Hollywood Park競馬収支
-11.2$

◎後書
10時半から行って、15時前に資金が尽きると言う体たらくぶり。この日は総額$19.2のマイナス。入場料$7を含めれば、結構な痛手である。せめて入場料分くらいは稼がないと、競馬の旅どころの話ではない。また、頑張ります。

ああ山と積まれていく外れ馬券…。
// 12:52 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(4)
 Hollywood Park写真館
2006.04.30(Sun)
現在、Hollywood Park競馬場での競馬報告をまとめている最中です。まだ時間がかかりそうなので、先に競馬場の写真をお楽しみください。


調教中の馬を激近写!女性の調教助手さん(多分)も超Cooool!!


本馬場入場の一コマ。みな本命馬が通るたびに声援を送っていた。


第1レース開始間際。正装したおじさんが、パッパララァ♪パッパララァ♪パラララァ♪と演奏。


取りあえずお決まりのターフビジョンを。横長なのが米国流か?


別会場のレースを映すモニター。これに向かって、熱い歓声をあげる。


入り口近くにパドックがある。券売機もあり、パドック派の人にはオススメ。



]
夜の競馬場はこんな感じ。美しくライトアップされると、昼とはまるで違った表情に。


米国競馬3日目も馬券的成果がなく、黄昏れるしかない筆者。

Hollywood Park競馬場は場所が国際空港に近い事もあってか、Santa Anita競馬場に比べて都会的な(Santa Anitaが田舎なのかもしれないが) 雰囲気。隣接されたカジノもアーバンなムードを盛り上げる一躍を担っている。
純粋に、いま滞在しているホステルから近いということがこの上ないラッキー。だが、夜はやはり少し怖い。人通りが少ないため、歩いているとつねに「狙われている」感がある。考え過ぎかもしれないが、用心するに越した事はないだろう。もし、この近辺に滞在しようとするのならば、取りあえず20時過ぎの出歩きはやめた方が無難かも。(19時少し前に競馬場に向かっている最中、歩いていると横を通った車の中から奇声を浴びせられた…)
// 01:16 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(0)
 馬と飛行機と馬券オヤジ。
2006.04.28(Fri)
昨年、シーザリオが米GIアメリカンオークスを制した歴史的な競馬場、Hollywood Park。僕はいま、そこからほど近いホステルに滞在している。歩いて15分というこのホステルは、まさに「競馬の旅」を目論む僕(嫁にとってはどうかは分からないが…)にうってつけの場所だ。Santa Anita競馬場がかなり遠かったため、思ったほど通えなかった経歴があるので、ここHollywood Park競馬場で一気に取り戻したい今日この頃である。
さて、Hollywood Park競馬場はホステルからも近いが、LAX(ロサンゼルス国際空港)からもかなり近い。車なら10分かからないであろう。そんな立地からか、普通に道ばたを歩いていても飛行機が飛び交う轟音がものすごい。また、「落ちるんじゃないか?」という近距離を飛んでいるので、空を見ているだけでも面白い。ちなみに、プロフィールの写真がHollywood Park競馬場の入場門で撮った1枚。我ながらGoodなアングルだと自負しているw。

10:00am、26 Apr。前日調べた開場時間にあわせてホステルを出る。天気は薄曇り。競馬日和とは言いがたいが、それほど寒くはない。暑さ寒さで体力集中力が奪われることもあるので、ちょうど良いと言えば、良い(なんのこっちゃ)Hollywood Parkカジノ(カジノに関しては後日改めて紹介したい、なぁと)を横目にレ-ストラックの入場門へ。するといました、いました。競馬新聞片手に、汚れたベースボールキャップ(LAはやはりドジャースが多い)をかぶった馬券オヤジどもが。
 
さぞ、Hollywood Park競馬場の春開催(この日から)を待ちわびていたのであろう。どことなく皆ソワソワしていた。僕もソワソワした。$7(入場料+レーシングプログラム)を払い、いざ場内へ。(人のことは言えないが、平日の朝一から競馬場に来ている人はどういう輩か?生計は競馬で立てているのか?謎である)

思わぬ待ちぼうけ。
いくら馬券オヤジが並んでいたとはいえ、そこは平日の朝一。場内に入るとまるでゴーストタウン。スタンドに人気はなく、最後の直線のオープンベンチにいたっては0。Santa Anitaに続いて、米国競馬陥落のワンシーンを見た気がした。
 
適当な場所に陣取って早速レープロを開く。米国競馬も三度目。そろそろ単勝と3連単以外の馬券も買ってやる!と意気込んでページを繰ると、緊急事態発生。なんとHollywood Park競馬場の1レースの開始が13:20からだったのである。ガッデム@@@@ (´д`;)y-~~~。鬼嫁momoにそう告げると、「ちゃんと調べないからでしょ(怒)!」とご叱責。ジュースを与えて機嫌を取り、一安心w。
気を取り直して、改めてレープロを見ると、別会場でレースが開催中ではないか。Santa Anitaでは別会場のレースに手を出す事はなかったが、ここは意を決して別会場に挑戦することにした。

10¢馬券。
日本では、馬券の最小購入額は100円である。アメリカは馬券やレースによって最小額が異なっており、基本は$1だが、馬券によっては$2がミニマムの場合もある。(ざっと見たところ、馬連が$2からの場合が多い)ところが、レープロを見ていると思わぬワードが目に飛び込んで来た。「10-cent min.」これは10¢が最小だ、という意味。資金が少ない僕に思わぬ救いの手!小額で遊べるじゃん、と喜び勇んだわけだが、思わぬ落とし穴が…。
取りあえず別会場であるKEENLAND競馬場の3レースの発走時刻が近かったため、そのレースを予想して券売機の前へ。Santa Anitaの時にも紹介したようにタッチパネルのNaviに従って、会場、レースナンバーを選び、いざBet金額のページへ。意気揚々と「$0.10」を選択!!!すると、「Check your ○△×〒〓#¥~~」というエラーメッセージ。Why?? 何度やってもエラーが出たため、やむなく$1を選択して馬券を購入。何故買えないを解明すべく、改めてレープロに目を通す。ヌヌヌ…、これは。。やはりはじめてのHollywood Park競馬場に緊張していたのか。はたまたレープロのレイアウトが悪いのか?

僕が10¢から買えるじゃん、と勘違いした第3レース表記。


その他多くのレースで表記されている購入可能馬券の種類&ミニマム。
なんとも初歩的なミス。でもちょっと分かりづらいし、勘違いもするよ、ねぇ?(笑)解説すると、Superfecta(4連単)のみ10¢から買えるというのだ。ご存知の通り日本には無い馬券で、1着から4着までを着順通りに当てなければならない。かなり難しいが、それだけに配当金も跳ね上がるのだ。と、カラクリがわかったところで、Superfecta@10¢の勝負開始!
(例:4頭のSuperfectaをBOXで買った場合24点。3連単と同数で意外に点数は多くない。確かに4頭全てを的中させなければならないわけだが、米国は頭数が揃わないことが多いため、それほどハードルは高くない。気がするw)

米国の馬券オヤジ、燃える!
オヤジ、オヤジというが、この日の競馬場のオヤジ率は90%超え。若者がチラホラ、元気なオバさん数人、無論子連れの親子などいるはずもなく、あとは僕らだけ。かなり浮いていたのは言うまでもない。

真剣に馬券検討に挑む男たち。ここはまさに戦場だ。

朝一から来て、別会場の競馬をやろうなんて輩は、相当の競馬(ギャンブル)好き。当然、場の雰囲気に和やかなんて言葉はない。必死に予想を繰り返し、締め切り間近には走って券売機へ。レースがはじまれば、食い入るようにモニターを見つめ、「Come!」やら「Hey!No.2(馬番)」やら「Yes!」やらと野次歓声を飛ばす。外れれば仲間と顔を見合わせて「Oh~ふんじゃらかんじゃら(やられちゃったよ的なこと)」を言い合う。その様子は、なんとなく日本と同じである。アメリカンだなぁと思ったのは、当たった場合。とあるレースが終わった後、僕らの前方にいたオッサン集団がどうやら馬券を当てた。まずは「Uhoo HA HA HA!」と大爆笑。次に連れのオバさんとHug。次いでその隣にいたオッサンBにシェイクハンドからHugの連続技。とにかくリアクションがOVER。まぁ日本でも見かけなくはないが、ガタイのでかいアメリカ人がやっていると、「どれだけの馬券が当たったんだ?」と思ってしまう。
あと、決して褒められることではないが、外れ馬券を破って捨てる習慣は日米同じようだ。

場内は、もっと外れ馬券が散乱していた。みなさん、外れ馬券は屑カゴに捨てましょう。

本日のベストオヤジ

// 15:44 // アメリカ競馬-Hollywood Park // Trackback(0) // Comment(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。